ume気分

子育てに役立つ情報を発信しています!

子供のもしもに備えての保険選び! 迷っているなら都道府県民共済をおススメします!

 

スポンサーリンク

 

何かあった時の備えとして、保険に入っている人がほとんどだと思います!

自分自身はもちろんですが、子供の保険ってどこに決めたら良いのかって結構迷いますよね?
 
保証内容はモチロンですが、掛け金や払い戻し金があるのかどうなのかも、保険選びのポイントになります!
 
今回の記事では子供の保険選びに迷っている人に、おすすめしたい保険を紹介しています!
子供が産まれた方や今入っている保険会社を見直したいと考えている人に、是非読んで欲しい記事となっています!
何かあった時に備えて保険に加入する事をおすすめします
 
ではさっそく紹介に入ります!
 

子供の保険はどこがおすすめなの?

f:id:ume7572:20191107231028j:plain


子供が産まれたり何かあった時の備えとしてして、保険に加入する事を考えますよね!

様々な保険会社がありますが、どこの保険に加入するのが良いのか迷いますよね?
 
umeがおすすめするのは、都道県民共済に加入する事です!

メジャーな保険会社もたくさんあって、各会社にそれぞれ特徴がありますが、そんな中でも都道県民共済をかなりおすすめしています!
都道県民共済にはこども型と言うプランがあり、病気やケガはもちろん事故にまで対応しています。契約者の死亡や子供のもしもの事例に対応してくれる優れた保険と言えるでしょう(^^)
 
ではなぜ都道県民共済がおすすめなのかを説明していきます!


保険会社を選ぶポイントは?

f:id:ume7572:20191013215905j:plain

様々な保険会社がありますが、いざ加入するとなると掛け金が気になりますよね?
子供が産まれたばかりであれば、オムツやミルク代に結構お金が掛かってきます(>_<)

 
子供に何かあった場合を想定して保険に入ると思いますが、子供が小さい内はお金がかなりかかりますので、なるべく費用は押さえたいはずです!

また月々の保険料もモチロンのことながら、保証内容も気になりますよね?
 
仮に保険料金が格安でも、保証内容がまるで駄目ならば意味がありません
保険料と保証のバランスがとても重要になってきます!
 
家計に負担をかけないように大事な子供を守る事が出来るのが都道県民共済なのです!
 
次にどういった所が優れているかを紹介していきます
 

 

スポンサーリンク

 

 

①掛け金が安い

都道県民共済の大きなポイントはなんと言っても掛け金が安い事です!

子供を育てるにはどうしてもお金がかかってしまいます。家庭の負担にならないようにとの考えのもと、掛け金は1000円のタイプと2000円のタイプの2種類があります!

保険会社の掛け金にしては断然安いですよね?

この保険料の安さはとても魅力的です!

②掛け金の割に補償内容がしっかりしている

掛け金がいくら安いからと言って、補償内容がしっかりとしていないのであれば選ぶ対象から外れてしまいます。その点都道県民共済は掛け金の割に補償内容が充実しています!

 

  1. 怪我の通院は1日目から保証してくれる
    1日目から最高90日までしっかりとカバーしてくれる

  2. 日帰り入院や手術もカバーしてくれる
    入院の場合は事故・病気共に1日目から最長360日分の保証が受けられる。日帰り入院も対象になる

  3. がん診断には共済金・さらにお金がかかる先進医療にも対応してくれる
    もしがんを発症した場合がん診断の共済金が下りる。医療保険が適用されない先進医療も保険の対象になる

  4. 三者への賠償にも共済金が下りる
    加入している子供が万が一第三者に損害を与えた場合でも共済金がおります

  5. 契約者の身に万が一があってもしっかりと対応してくれる
    万が一契約者が亡くなった場合、残された家族の生活を支えるため共済金が下りる
③払戻金の額が大きい

都道県民共済の嬉しいポイントは、払戻金が結構な額で発生する事です!

 

ume家の場合を例にしてみます

 

ume家は双子の保険に都道県民共済の1000円のタイプをかけています。年間の掛け金は1000円×12ヶ月で年間12000です。双子なので12000円×二人分で24000円が掛け金としてかかる料金です!

 

住んでいる地域や掛け金の違いがあるので加入者全員同じとはいきませんが、ume家の場合一人4000円近く毎年返ってきています!(^^)!

12000円−4000円=年間8000円位でこれだけの保証を受けられるのは凄いです!

年間12000円の掛け金の約三分の一が払戻金として戻ってくるのは、かなりの還元率ですよね! 

払い戻しの例

f:id:ume7572:20191017220406j:plain

実際にあった共済金の支払い実績です!

 
①インフルエンザで3日入院したAさんの場合
    
入院1日5000円×入院日数3日=共済金15000円
 
 
②部活動中の怪我で日帰り手術をしてその後3日通院したBさんの場合
 
通院1日2000円×通院日数3日+手術共済金100000円=106000円
 
③段差につまずき足首をねんざしてしまい1日通院したCさんの場合
 
通院1日2000円×通院日数1日=共済金2000円
 
紹介したのはほんの一例ですが、大きな怪我から小さな怪我までカバーしてくれるのは非常にありがたいです!

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

f:id:ume7572:20191015233054j:plain

今回は子供の保険選びについて紹介しました!

子供が小さいうちからもしもに備えて保険に加入しておいて欲しいです

 

今回紹介した都道県民共済は掛け金が安いのに補償内容がしっかりしていますし、払戻金が多く返ってきますので若い世代の家族に特におすすめです!

どこの保険会社にしようか迷っている人は月々1000円から加入出来ますので、お試しで加入してみても良いかもしれません!

 

もし保障に心配な部分があった場合は他の保険で補う事も出来ますので、まずは一度試してみて欲しいです!

 

今回の記事が保険選びに迷っている人の為になってくれたら嬉しいです!