ume気分

子育てに役立つ情報を発信しています!

双子がいる家族におススメな車は1BOX! 必須装備はスライドドアですよ!

 

スポンサーリンク

 

どうもはumeです!

この記事では【双子がいる家庭におススメな車の形は何か?】という事を紹介しています!

ファミリー向けを売りにしている車種もありますが、双子家族をターゲットにしている車種って言われてもあまり思いつかないですよね?

今回は双子がいる家庭にスポットを当てていますので、車選びに悩む双子ファミリーに特に読んで欲しいです!

もちろんこれから子供が生まれて来る方も、今後の参考にしてください!

 

スポンサーリンク

 

 

 

双子ファミリーには1BOXがおススメ

f:id:ume7572:20191018203106j:plain

家族が増えると車選びにも結構気を使いますよね?

一人でも悩むのに双子となると、悩みは単純に2倍とはいきません(>_<)

 

umeも双子の子育てをしていますが車の買い替え時には非常に悩みました

経験上umeがおススメするのは断然1BOXです(^-^)

そんな1BOXの一番の魅力はなんと言っても物が積める事です!

 

車が大きいので当たり前かもしれませんが、子供が生まれると思っている以上に荷物が増えます。子供と一緒に出掛けると本当にそう思います

子供の年齢にもよって荷物の種類が変わりますが、結局荷物の量は大して変わりません!

そんな時は人も荷物もたくさん乗せられる1BOXが間違いないです(^^)

 

1BOXで必要な装備は?

f:id:ume7572:20191018215227j:plain

子供が乗らないのであれば自分のライフスタイルを意識して車を選べばいいですが、子供が生まれたとなればそうはいきません。特に車の外観とかよりもどのような装備が付いているかによって、車を選ぶ事が多くなります!

双子の子供を乗せる事を前提にした場合特に選びたい装備があります!

スライドドア付きの車を選ぶ

やはりスライドドアの方が断然乗り降りしやすく、狭い駐車場などは特に活躍します!風の影響で扉が急に開く心配もなく安心です

最近の車にはスライドドアが付いているのがほとんどですが、双子ファミリーの車選びではさらに選んで欲しい事があります。それは両側ともスライドドアだという事です!双子の子供を乗り降りさせるにはパパとママが両側から降ろさなければいけませんが、片側のスライドドアだと片方からしか降りれないのでかなり不便です! 

リアヒーター・リアクーラーが付いているかを確認しよう

これも大抵の1BOXについていますが、年式が古い中古車を選ぶ時には必ず見るべきポイントです。1BOXは広い分温まりにくく、涼しくなりにくい特徴があります 

運転席と助手席は風の吹き出し口が近いので良いのですが、真ん中2列目に子供が乗っても前からの風はなかなか届かないんですよね(>_<) 

そんな時活躍するのがリアのクーラーとヒーターです!

これがあると車の真ん中から後ろまで風行き渡りますが、この装備が無い場合は夏暑くて冬寒いのを覚悟しないといけません(涙)

出来るだけ低重心のタイプを選ぶ

最近の車は低重心が売りの車も多いですが、これって意外と大切です!

子供が自分で乗り降りし始める頃よくあるのですが、車の乗り降りする時にステップにつまずいたりして怪我をすることがあるんですよね…

これって結構危ないんですよ。umeの双子も段差につまづいて怪我をしたことがありますので、気を付けたいですね! 

また低重心の車の方がカーブでも安定して走行しやすいので、車酔いになりにくいのも嬉しいポイントですよ!(^^)!

最近のバスって低重心の物が多いですよね?それってこういった理由も関係しているようですよ!

キーレスでスライドドアの開閉が出来ることを確認する

双子の場合特に買い物が多くなってしまいますし、両手に買い物袋におんぶ紐で抱っこなんていうのは日常茶飯事です

こちらも最近の車には標準装備なのであまり心配しなくて良いと思いますが、中古車を買う場合ごくまれにマスターキーが無くてスペアしかない場合があります。スペアだと車の外からドアの開閉が出来ないときがあります。そうなってしまうと手が塞がっている時はとても不便ですので、注意しておきたいポイントです!

バックモニター付きにする

新車の時はオプションで付けれるので納車時にバックモニター付きの状態ですが、中古車の場合バックモニターが付いてなければ後付けするしかありません(>_<)

1BOXの後ろってかなり見ずらいのであると非常に便利です!

モニターにハッチバックを開けた場合ここまで開きます、と言う目印を表示させる事が出来ますので、後ろの車にぶつからないためにもあると便利な装備です!

 

スポンサーリンク

 

 

 

ファミリー層向けの1BOXの価格帯

f:id:ume7572:20191018220815j:plain


一般的なファミリー層向けの車と言えば、トヨタのノアや日産のセレナがイメージしやすいと思います

ノアやセレナと同等のタイプの車であればグレードにもよりますが、新車で300万円前後がだいたいの相場です。中古車ではもちろん値段が下がりますが、ノアやセレナの様なタイプの車はファミリー層にとても人気が高いので、中古でも150万~200万円前後で推移しています!

 

予算やこれからのローン設計を踏まえて、新車か中古車かをしっかりと考えましょう!

 

1BOXの注意点

f:id:ume7572:20191018224913p:plain

 記事の最初で1BOXは荷物が積めると書きましたが、初めて1BOXを購入した人は『CMの様に、荷物は思いのほか積めないな』と感じるかもしれません

 

実際にumeがそうでした(泣)

最初はカローラフィールダーに乗っていましたが、双子の出産を機にノアに乗り換えました。ディーラーで見たときは何にも乗っていない状態なのでかなり広いですが、いざ荷物を載せると期待したほどは荷物が積めないので注意しましょうね!

 

いい例が新しく部屋を探している時って、実際に部屋を見て決めますよね?

最初は荷物が何もないのでかなり広く感じますが、いざ荷物を置いてみると『アレ?こんなに狭い部屋だっけ?』と感じるのと同じ原理です

 

ここで誤解しないでもらいたいのが1BOXは荷物が多く積めるのです!

でもCMで見たイメージや実物を見たイメージと、実際に荷物を載せた感想は必ずしも一致しないという事です

大体CMで見ている収納イメージの7割位の収納イメージと思っておくと良いです!やはりCMは上手に見せていますから(苦笑)

小回りが利かないので狭い場所は不利

どうしても車体が大きい分小回りが利きません。特に軽自動車から1BOXに変えた人は最初は感覚をつかむのに時間かかかると思います

狭い場所では不利になる事も頭に入れておきましょう!

燃費が悪い

最近はハイブリットや電気自動車もあり、燃費は昔に比べれば格段に良くはなっていますがそれでも燃費は悪いです

車体も重いので仕方ありませんが、ガソリン価格が高い状態が続いていますので、燃料費が多くかかってきます!

維持費が高い

排気量や重量が重い分税金も高いです

2年に一度の車検と自動車税の約4万円位が毎年維持費でかかってきますので、結構な出費があるということもしっかりと覚えておきましょう!

 

まとめ

f:id:ume7572:20191013220257j:plain

 

今回の記事は双子がいる家族の場合で紹介しましたが、家族構成によって選ぶ車種を変えるのが大切です!

どの車種でも共通していることは、両側がスライドドアの車を選ぶ事です!

これが一番大事なんじゃないかと思っています(^^)

これは実際に双子を車に乗せてみての感想です。もし1BOXを購入しないとしても、スライドドアの装備がある事だけは妥協しないで欲しいです!

それが親にも子供にとってもベストな選択ですよ!